コロナよりこわいぞ

コロナの裏で

 いま世の中は新型コロナ一色である。

 新聞を開けばコロナ、テレビをつければコロナ、知人に電話をすればまずコロナの話、メールをすれば挨拶がわりにコロナ、外に出ればコロナ除けマスク、こっちがしてなければ白い目を向けられる。
 まるで地球全体が、複雑に絡まり合ったコロナ菌糸で覆いつくされている感じだ。
 
 そんな世相を眺めながら、わしの頭のなかに、4月17日に書いた「テロリストとコロナ」以外にもう一つ気になるものがある。
 コロナウイルスが出現しために、表に現われることなく消えていっている中小のニュースのことである。
 
 たとえば、女性の国会議員が不倫して、新幹線で愛人と手をつないでいぎたく寝ている写真を撮られても、コロナで満杯の新聞やテレビでは取り上げられることはないだろう。
 
 ま、こんなのは報道されなくてもどうってことないが、次のような事実が世に知られないとなると、ちょっと問題だ。
 
 地方政治家が毎週のように温泉通いをして、飲んだり食ったり泊まったりしながら、その費用をすべて政治活動費として税金で落としていても、記事にならないかもしれない。コロナによる休業・解雇で生活に困窮する人たちの報道が優先されて・・・。
 
 あるいは某大学野球部の部員が、無抵抗の高齢者(81歳)ホームレスに暴行を加えて死に至らしめたとか、
 さらには某女性記者が、中央官僚のトップである財務事務次官(当時)に「胸さわっていい?」と迫られたり、別の女性記者が同業の男からむりやりに性的暴行を受けたと訴えても、拡大をつづけるコロナ対応のため麻痺寸前に陥っている社会の報道が先で、無視される可能性が大きい。
 
 もっと恐ろしいのは、こうした社会の混乱の陰で・・・というか混乱を利用して、政治家や官僚や大企業が密かになにかを企らむことである。
 世間やマスコミの目がコロナに向いて、他へ注意が行き届かないのをいいことに、国民の目に触れるとまずいナニカを裏でこっそりと画策し進行させることである。
 
 そういう連中にとっては、今はお誂えのいい状況かもしれない。
 コロナもこわいが、こういうのもこわい。
 

        お知らせ
当ブログは週2回の更新(月曜と金曜)を原則にしております。いつなんどきすってんコロリンと転んで、あの世へ引っ越しすることになるかもわかりませんけど、ま、それまではね。

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てるよ

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です