ついにやって来た?(1)

飛び去る脳

 「人生100年時代」といわれる長寿時代になった今、わしらにとって現在いちばん大きな生活上の不安材料は、程度の差はあれ高齢者の多くが避けて通れないという、認知症問題である。

 もちろん年を取ってからのさまざまな退行現象は、わしら夫婦も人並みか、人並み以上に増えている。自慢じゃないけどネ。
 
 そもそもこのブログは、『半ボケじじィのボケまくり島(略称ボケモン島)』というのがメイン・タイトルだから、何を今さら寝ボケたことを言っとるんじゃ、 いう話だけどサ。

 これまでも折りに触れてちょくちょく言及はしているが、わしらの認知症問題は、もはや年のせいにして無視したり誤魔化したりてやり過ごせないまでになっている。・・・と思う。とりわけカミさんが・・・。
 
 もちろん、外出中に家に帰れなくなったり、逆に当てもないのに勝手にフラフラ家を出歩いたり、あるいはトイレのドアと押入れの戸を間違えて開けたりするほど、高級レベルな状態ではない。憚りながらもう少し低級レベル。

 だが彼女の脳内ではひそかに上を窺ってるヤツがいて、じりじり這い上がってきそうな気配を感じる。正直いって怖い。ホラー映画に、姿は見えないし足音もしないけど、何かが背後にジリジリ迫っている・・・というシーンがよく出てくるが、それに似ている。
 
 直接向き合って話をする分には、知らない人はほぼ気がつかない。ストレートにトンチンカンな受け答えはしないし、とつぜん怒りだしたり泣きだしたりもしない。むしろニコヤカに対応して正常っぽい。
 ところが話が記憶を必要とする内容になると、とつぜん頭の中の配線が混乱する。あるいは断線状態になる。正常なコミュニケーションが難しくなる。
 
 そのときわしがそばにいれば、事情を説明するなり、場合によっては適当に誤魔化したりしてやり過ごすが、いないときはどうするのだろう。当人はもちろん困るだろうが、相手はもっと困るのではないか。あけすけに話ができる昵懇な間柄ならいいが、そうでなければ応答のしように困るのではないか。お気の毒だ。
 
 つまり現実生活に実害を生んでいるわしらの認知症問題は、カミさんの記憶力の急速な減退である。
 
 もの忘れは認知症の始まりと言われる。
 その一方で、いま食べた食事を忘れるのは真っ当な認知症だが、けさ食べた献立てを忘れるのは正常な老人性健忘症だとも聞く。
 幸いなことに、カミさんの場合はまだ献立てレベルにとどまっている。それがわしらの最期の頼みの網だ。

 だが昨今のモノゴトの忘れ振りの敏腕ぶりには、その最後の頼みの網もだんだん細くなっていくように思える。悟られないようにしているが、正直にいうと、わしの内部ではほとんどセンセンキョーキョーである。

 そしたら先日、その恐れていたことが現実となったかと思われるような、出来事がついに現われた。(次回につづく)

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てます

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

        お知らせ
当ブログは週1回の更新(金曜)を原則にしております。いつなんどきすってんコロリンと転んで、あの世へ引っ越しすることになるかもわかりませんけど、ま、それまではね。

Follow me!

ついにやって来た?(1)” に対して1件のコメントがあります。

  1. kanae より:

    心配です。読んでいてドキドキします。夫の姉(81歳)同じくらいかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です