すっぴん談義 -とにかく男は上が好き-

男のコケン

 最近「すっぴんカフェバー」なるものが現れて、人気だという。
 この手のサービス業界で接客に従事する女性は、キャバクラ嬢が代表するように、ガッツリ化粧するのがふつうだろう。

 ところがこの「すっぴんカフェバー」では、看板どおりにすっぴんもしくはすっぴんに近いナチュラルメイクの女性がサービスするらしい(らしいというのは実際に見たわけではないから。ホントは、出かけて行って自分の目で確かめたほうがいいのだが、わしにはもうそこまでするエネルギーはないわィ。軍資金もないし・・・)。

 ともあれこういう店が流行りだしたということは、サービスされる側がそれを求めているということだろう。客の多くは勤め帰りの男たちだ。仕事ですりへらした神経の癒しを求めて、財布の中身もすりへるのを覚悟でやってくるのだ。

 想像するに、そういう男たちにとって、キャバクラ風に完璧にメイクしたホステスは少々気が重いんじゃないだろうか。
 完全武装で接客してくれている彼女らには、こっちもそれなりの対応が必要かも・・・と誰に命令されたわけでもないのに、かってに思っちゃう。少しはシャレたことでも言って場を盛り上げなきゃあ・・・なんてサービスしちゃう。
 それでいて帰るときに金を払うのはこっちだ。心の帳尻が取れない。ストレスが残る。

 それくらいなら、すっぴんの女性と気軽に冗談でも言い合いながら飲むほうが、酒がうまい。疲れもとれる。その上価格帯も低めだという。人気が出るのは当然だろう。

 それにしても・・・と思うのだが、カフェバーに限らず、男は結局、自分より “上” の女は苦手なのだ。人間のレベルが自分より “下” の女のほうが、ホントは好きなのである。
 なぜかって? 気がラクだからだ。
 だから日々の生活では、完全すっぴん女と暮らしている。

 しかし、自宅のすっぴん女とは積極的に楽しもうとはしない。
 触らずに放っておくか、せいぜい生返事で応対するくらい。
 おそらく気ラクすぎるのだろう。

 それでまた気づいたのだが、わしの周辺でも、人間として上等な女性は結婚していない人が多い。
 モノの本質がよく見えて、見識や判断力もあり、一生を共にするにはこんなにいい相手はいない・・・と思えるしっかり者の女性が結婚していないケースが多い。
 べつに独身主義者なのではない。求婚する男がい少ないのだ。テレビに出る女性のなかにもそういう人が目につく。実にもったいないと思う。

 男が自分より “上の女”を人生のパートナーにしたがらないのは、気がラクなだけでなく、もう一つ、男の自尊心も隠微に関係していると思う。
 何かにおいて、あるいは何においても、相手の女性が自分より上であることが許せない、とにかく気に食わん、といった自尊心・・・自尊心というもおこがましいケチな心理が男には働く。平ったく言い換えれば、男のメンツあるいはコケンというやつである。
 そのもうひとつ底には、封建時代から引きずってきてカビの生えてる “男尊女卑” の尾てい骨が隠れている。(大相撲の土俵に女をあげないなどというのも、根は同じだろう。)

 しかし、ちょっと距離をおいて冷静に眺めれば、長年一つ屋根の下にくらすパートナーのクォリティと、ケチな男のメンツやコケンとどっちが重要か、ちょっと考えてみれば分かるはずだと思うのだが・・・。

 男も心をすっぴんにすれば、男自身もっと幸せになれるのになぁと思う。
 ・・・ってわしもその男だから、自戒をこめて。

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てるよ

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です