英雄メッシは悲劇の男

英雄メッシ

 いま、サッカーW杯で世界中が盛り上がっている。
 日本も6月19日のコロンビア戦で勝利してから、国中が熱狂している。わしもにわかサポーターとなって興奮しているが、それとは別に、妙に気になった選手がいる。
 アルゼンチンのリオネル・メッシである。

 日本時間6月16日に行われたアルゼンチン対アイスランド戦。
 事前の予想は圧倒的にアルゼンチン有利だった。なにしろこの国は過去2度優勝しており、”5人抜きゴール” の伝説を作った神・マラドーナを生んだ国である。今回はある意味でマラドーナ以上と言われるメッシを擁している。

 メッシはヨーロッパ年間最優秀選手5回、チャンピオンズリーグ得点王5回、リーグ得点王5回、その他数々のタイトル・トロフィーを獲得している世界の超弩級選手だ。

 対するアイスランドは、北極圏のすぐ南に位置する総人口33.7万(東京の中野区1区とほぼ同じ)の小国である。これまで1度もW杯に出たことはない。注目されるスター選手もいない。ハツカネズミがシロクマと戦うようなものだ。
 ところが結果は「1-1」の引き分けに終わった。

 さまざまな分析がマスメディアに出た。その中でわしの目を引いたのは次のような部分である。

・4年前のブラジルW杯で準優勝したときサベラ監督は言った。「チームにとって一番重要なのは、メッシに居心地良くプレーさせることだ」
・現アルゼンチン監督のサンパオリは言った。「チームは私のものではなく、メッシのものだ」
・出版されたばかり同監督の著書には、こんなくだりがある。「アルゼンチンはメッシの頭にW杯という銃を突きつけている。優勝できなければ、彼の体はハチの巣になるだろう」

 こういう環境のなかで行われた16日のアイスランド戦で、メッシは得点の最大チャンスだったPK(ペナルティーキック)を失敗した。
 アイスランド相手のPKなど、彼にとっては、ハツカネズミの首根っこをつまんで捕虫網の中へポイと放り込むようなものだったはずだ。

 わしはネットで、この試合のハイライト動画をくり返し見た。
 PKを外したときのメッシをどう表現すればいいだろう。
 懐に手を入れてみたら、全財産を入れた財布を落としている(あるいはスリに掏られている)ことに気づいたかのような、世にも情けない顔をして唇の端をゆがめた。

 そのあと彼は、シロナガスクジラに追われたシロクマみたいに、必死の形相でやみくもにゴールに突っ込み続けた。だがその姿はちょっと見ていられないような気がした。

 試合終了を告げる笛が鳴ったとき、メッシは左腕のキャプテンマークを剥ぎ取るように外し、その手を膝において深く腰を折った。うつむいた彼の顔は暗く、まるで背中に100トンの石を背負っているかのようだった。

 わしには、そんな彼の姿が絶望しているように見えた。
 英雄英雄ともてはやなしがら、実は自らの気晴らしのために、無責任に他人の背に巨大な石を背負わせている自国の人間たちに対して・・・。

 以上はきのう(6月21日)の夜に書いた。
 今は、6月22日の午前6時だ。3時間前の午前3時から、アルゼンチンの第2戦(対クロアチア)が行われて、1時間ちょっと前に終了しているはずだ。

 ネットの速報を見た。
 わしの予感は当たっていた。アルゼンチンはクロアチアにも「0-3」で負けていた。
 ニュースの見出しは「メッシまたも不発。強豪アルゼンチン完敗。グループリーグ陥落か!」だった。

        お知らせ
当ブログはこれまで週3回の更新を原則にしておりましたが、最近老骨がギシギシ言い出しており、折れてバラバラになって海へ散骨・・・てなことになると元も子もありませんので、今後は週2回の更新(月曜と金曜)を原則に致したいと思います。ご理解いただければ幸せです。

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てるよ

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です