爪先にもヤツは待っていた

 前回、「鼻先に何が待っていたか」と題して、最近のわしの生の体験を記事にしたが(同記事はこちらから)、ほとんど同じ経験を2年ほど前にもしていたことを思い出した。ついでだから今回は続編としてそれを書く。題して「爪先にもヤツは待っていた」。

 夏の終わりだった。法師ゼミの声がうるさく耳にまとわりついていたのを思い出す。

 いつものコースをジョギングしていて、信号のある小さな交差点に差しかかった。信号は青だったのでそのまま渡ろうとしたら、イジワルでもするように点滅しはじめた。わしは無視して足を止めなかった。

 いつも走ってるコースは、信号を渡りきるとすぐ左手へ折れる。そこでわしはチョンボをした。まっすぐに行かずに左斜めに渡って距離を縮めようとしたのである。三角形の1辺は他の2辺より短い、というヤツを利用したわけネ。

 車道から歩道へ上がるとき、10センチくらいの段差があった(→ 冒頭の画像参照)。
 そのことは分かっていて、十分足を上げたつもりだった。しかしじっさいは十分ではなかった。

 信号が点滅していたので多少焦りもあった。ややスピードを上げた足の爪先を歩道の肩に引っかけた。突風にあおられた立て看板が倒れるように、バタンと激しく前方へ転倒した。

 とっさに両手を前に出したが、倒れる勢いのほうがつよく、顔を歩道の地面にイヤというほどこすりつけた。

 そのときわしは思わず大きな声を上げたらしい。
 そこはちょうどクリーニング屋のまえで、洗濯物をもってきていた主婦のひとりが、店のなかから飛び出してきた。
「大丈夫? 大丈夫ですか?」

 こういう時というのはおかしなもので、ほんとは少しも大丈夫じゃないのに、反射的に「大丈夫!」って言うんだよね。
 このときのわしもそうだった。かなり激しく顔を地面にぶつけたし、手のひらや膝も擦りむけて(短パンを穿いていた)赤くなっているのに、
「大丈夫です・・・いや、ほんとに大丈夫ですよ」
 と元気な声を返して、そのまままた走り出したのだ。その背に、
「ほんとに大丈夫ですか? 顔から血が出てますよ!」
 という主婦の声が追いかけてきたけど、わしはそのまま走りつづけた。
 
 いまこうして振り返ってみると、わがことながアキレるね。
 これで脚の骨でも折って動けなかったら、いくら「大丈夫!」と叫んでも、単なるカラ元気かヤセ我慢でしかなくてこっけいの見本だけど、実態は同じだよねぇ。ヤセ我慢、カラ元気だけでなく、強がり、ミエっ張り、カッコつけ・・・。

 80歳を超えてもコレだからね。いったい何をやってるんだろうと思う。まあ男ってアホな生きものだワ。

 このとき付けた顔や膝や手のひらの傷は、治るのにずいぶん時間がかかった。半年くらいかかったんじゃないかな。
 年をとると、傷口を修復するのにも時間がかかるの。歩くのに時間がかかるように。

 ともあれ「一寸先は闇」ってヤツは、鼻先だけでなく爪先にもにもヘソの先にも・・・つまり人生どこにもでひそんでいるってことを言いたかった。

 そんなこたァ今さら言われなくても分かってる、って?

 分かっててもやってくるんだって、この「いつ何が起きるか分からない」というヤツは・・・。
 なぜなら、コイツは誰にも必ずくっ付いてくる人生のお供だから。

        お知らせ
当ブログは週2回の更新(月曜と金曜)を原則にしております。いつなんどきすってんコロリンと転んで、あの世へ引っ越しすることになるかもわかりませんけど、ま、それまではね。

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てるよ

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です