鼻先に何が待っていたか

一寸先は闇

 俗に、「一寸先は闇」って言うよね。
 要するに人間、先のことはまるで何も分からない、ってこと。
 
 こういうと、老人たちはたいてい鼻先で笑う。
「一寸先は闇」だと? 新しいランドセルを背負って学校へ駆けていく小学一年生じゃあるまいし、そんなこたァ分かりきった話だって。そうさ、この世はいつ何が起きるか分からんのだ、年寄りはそれをイヤというほど思い知らされてきたから年寄りなんだ・・・と。
 
 ところが人間、こんなふうに高を括ってるときがいちばんアブナイんだ。
 油断していて脇が甘くなっているのでやられる。
 そのことを如実に思い知らされる経験を、じつはわし自身がこのあいだしたので、それを書く。
 
 もう何度も書いてるが、わしは糖尿病で医者から運動を命じられている。その毎日のジョギングは夕暮れに始めるので、終わるころには辺りが暗くなっている。特にきのうは、始めるのがすこし遅かったので真っ暗になった。
 
 しかしね、何年も走りなれたコースだからね、目をつむってても走れる。・・・なんて油断するんだ、人間は。
 そう、きのうのわしがまさにそのアホの標本だった。
 
 ある道で向こうから車が来た。もちろんライトをつけている。まぶしくて一瞬目の前が見えなくなった。道は狭い。うっかり近づいてきた車に接触などしたくない。近ごろの車は、80歳を越えた爺さん婆さんがヘーキで運転してるからね、信用できない。・・・と常ひごろから思ってるわしは、道幅ぎりぎりまで体を寄せて車を避けた。そこはちゃんとした石塀だから問題はない、と思った。何百回、何千回となく通っている所だからネ。
 
 とたんに何かがガツンと顔にぶつかった。
 一瞬なにが起こったか分からなかった。

 石塀のうえから梅の枝が出ていたのだ。それに顔をぶつけたのである。
 
 目のすこし下あたりがヒリヒリする。そこへ中指の腹を当ててみると、ぬるっとした。血が出ているらしい。
 梅の枝をよく確かめてみると、中に直径1センチほどの枝が1本、折れて切っ先をこっちへ向けていた。それで目の下を突いたらしい。
 
 わしはゾッとした。
 血の出ているところは、目の下およそ1,2センチくらいの位置だ。もしそれがほんのすこしずれて目を直撃していたら・・・。
 それなりの勢いで走っていたのだ。その勢いのまま枝の切っ先が目へ突っ込んでいたら・・・。
 
 確実につぶれてた!
 2つの目をもってしても、最近は見るものがモヤモヤしたりチラチラしたりして何かと見えづらい。そこへもってきて片方の目を完全につぶしたら・・・。
 
 こんな時間(午後7時ごろだった)では、病院はもうどこも受付けを終えているだろう。救急車を呼ぶ以外にない。といってもケータイを持っていないので、ちかくの家に飛びこんで119番してもらう以外にない。そんなことをしている間にも、目から血がどんどん流れ出て辺りに血のプールをつくるだろう・・・などと想像すると震えあがってしまった。
 
「一寸先は闇」というのはこういうことをいうのだ。
 
 ヤツらはこんなふうに日常生活の死角に隠れている。そして思いもかけない所からいきなり飛び出して襲いかかってくる。

 そういうものだということを、わしが先日した生経験をもってお伝えしようと書いた。
 

        お知らせ
当ブログは週2回の更新(月曜と金曜)を原則にしております。いつなんどきすってんコロリンと転んで、あの世へ引っ越しすることになるかもわかりませんけど、ま、それまではね。

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てるよ

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です