灯りのない家

灯りのつかない家

 ジョギングの途中に、最近、ちょっと気になる家がある。

 とくべつ変わったところのないふつうの家だ。
 道路との境に低い生垣があって、そのすぐ後ろに家が迫っている。表の道から家の中が見える。だからだろう、窓には常にカーテンが引いてある。

 たしかに外が明るいうちは家の中は見えない。だが、外が暗くなって部屋のなかに灯りがともると、それほど厚くないカーテンを通して内部がすけて見える。

 わしがこの家の前を通るのは、だいたいは夕暮れ時が多い。ふつうなら夕食をとる時間である。
 じっさい以前は、居間兼食堂のような部屋に明かりが入り、ある角度からは光を放つテレビも見えていた。住人の姿は死角になっていて見えなかったけれど、老夫婦で食事でもしているような感じだった。

 ところが最近、わしがその前を走るとき、室内が暗いままなのだ。灯りがついていない。 

 といって、誰も居なくなったようではない。門柱の上につ取り付けてあるセンサーライトは、その前を通るたびに律儀に点いたり消えたりするし、カーポートにはプリウスが駐車されたままだ。ごくたまだが部屋は暗いまま、テレビの画面だけがチラチラ光を放っていたときもある。
 家というのは不思議なもので、人が住まなくなるとすぐ分かる。

 わしには縁もゆかりもない家で、ジョギング途中にただその家の前を走るだけなのだが、妙に気になってしまう。

 なぜ居間の灯りは消されたままなのだろう?
 老夫婦のうちどちらかが重い病気にでもなったのか。
 それで居間ではなく、寝室がおもな生活の場になったのだろうか。

 この家は2階家で、道路側だけでも窓は5,6個あるのだが、そのどの窓も暗いままなのはなぜなのだろう。寝室は道路側の裏側にあるのだろうか。

 それとも夫婦のどちらかが、どっかの病院にでも入っているのだろうか。

 先に述べたように、わしがその家を見るのは、夕暮れどきのほんの数秒にすぎない。それ以外の時間には、それなりに生活の息づかいを見せているのかもしれない。
 一日のうちほんの数秒だけの付き合いにすぎないわしが、あれこれ想像して心配することはない、と思うのがふつうだろう、余計なお世話だと。

 その通りである。
 それはもちろんよく分かっているのだが、毎日その家の前を通るとき、灯りが点いていないと、やっぱり気になってしまう。

        お知らせ
当ブログは週2回の更新(月曜と金曜)を原則にしております。いつなんどきすってんコロリンと転んで、あの世へ引っ越しすることになるかもわかりませんけど、ま、それまではね。

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てるよ

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です