老いぼれボッカ(上)

ボッカ

 何度も書いているが、女房の母親は今年で100歳になる。
 わしたちが住んでいるところから電車・バスを乗り継いで、2時間ほどのところに独りで住んでいる。

 女房は毎日かならず電話をし、1週間に1回ほどは家を訪ねる。
 訪ねるときには何かもっていく。主として食材が多いが、ときには頼まれた化粧水や乾電池とか蛍光灯とかも買っていく。(女の人は100歳になっても化粧水を使うんだねぇ。エライなぁ!)

 で、たまに荷物の重さがあるレベルを超えると、わしに声がかかる。荷物係りを仰せつかるのだ。まあ早く言えば、シェルパかボッカ(荷物運び人)ですな。

 ボッカ・・・なんて大見得をきったけど、わしはいい年をした老人だ。老いぼれて足腰が頼りないボッカなんて、足まわりにガタのきた軽トラックみたいなもの。荷を背にしたら腰がふらつき、足元がおぼつかなくなるようじゃ、周辺から憐れみの目をもって見られるだけである。はなはだ面白くない。

 しかし、わし以外にその役目を果たす者は誰もいない。となれば多少責任を感じるというか、プロ意識に目覚めるというか、いつ頼まれてもいいようにふだんから体を鍛えておこうと思った。

 まず足腰だが、これはまあ糖尿病サンのおかげで毎日ジョギングをしているので、年齢を考えればまあまあのほうだ。
 問題は腕である。
 電車のなかで、特に混んできたときに、背中に大きなリュックを背負っていると、他の乗客の迷惑になる。網棚にあげる必要を迫られる。そんなときヘナチョコの腕では用を足せない。都市ボッカとしては失格だ。

 そもそもわしはふだん、腕で何かを重いモノを持ち上げることがない。生活のなかに必要がないからだ。カミさんを抱き上げてベッドへはこぶ・・・なんてことは今も昔もやったことないしねぇ。箸に食べ物をはさんで口へ持っていったり、パソコンのキーを叩くのは毎日やるが、それじゃ腕の筋肉は鍛えない。

 そこで一念発起してジムに通った。・・・なんてアホなことはわしはしない。工夫すれば金をかけずにできることを、わざわざ金を払ってするようなムダはやらない。
 では何をしたか。
 自宅の事務用椅子を持ち上げたのだ。早い話、いまこの記事を書きながら座っている椅子だ。
 毎日風呂に入る前に、この椅子をバーベル代わりにリフティングする。
 リフティングなどとちょっとカッコつけてみたが、要するにやってることは事務椅子を頭の上へ持ち上げるのだ。金はかからん。
 
 あんた、笑ったナ? バカにしちゃいけない。わしの椅子は金属が使われてい部分もあってけっこう重い。はかってみたことはないが、おそらく10~15キロくらいはあると思う。
 何十年も箸と茶碗しか持ったことのない腕にしてみれば、これはけっこう荷が重い。

 正直にいえば、何年か前に最初に持ち上げたときは、思わず足がふらついた。頭が脆弱だと仕事の結果に影響することは知っていたが、腕の脆弱さが下半身に影響をおよぼすとは知らなかった。ジョギングで鍛えた足腰の筋肉とは、またべつの部分を使うのだろうか。
 ともあれ改めてわが腕のひ弱さを知った。それでわしはかえって意地になった。毎日の訓練(…って椅子を持ち上げるだけだけど)を欠かさずに励んだ。
 
 人間の体はエライもんだ。年をとっていても訓練(必要な刺激)をあたえてやれば、ちゃんと応えるのだ。足元のふらつきなんて1ヵ月で完全になくなったし、腐りかけの豆腐みたいだった二の腕の筋肉は、買いたてのハンペンくらいになった。
 
 その結果、そのころはボッカの声がかかっても、問題は生じなかった。電車のなかで荷物を網棚にあげるのに、苦労することがなかったからだ。女房には自慢っぽいことは言わなかったものの(言いたかったけど)、内心はまあ得意だった。年をとっても備えあれば患いなしだねぇ・・・などと。

 ところがである。2,3年ほどして思いもしなかった事態が起きたのである。
 わしは面食らって慌てふためいた。
 
 ・・・が、本記事はもうすでに長くなっているので、続きは次回にまわしマス。

        お知らせ
当ブログは週2回の更新(月曜と金曜)を原則にしております。いつなんどきすってんコロリンと転んで、あの世へ引っ越しすることになるかもわかりませんけど、ま、それまではね。

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てるよ

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です