ひっくり返された亀

ひっくり返された亀

 年をとると、思ってもみなかったことが、思ってもみないときに起きる。
 それを面白いと思うか辛いと思うかは当人しだい。

 ところで、わしはふだんベッドで寝る。学生時代からなので、ほぼ60年間、夜はベッド上だ。美女の上もしくは札束の上・・・って言えないのが残念。

 もっともごくたまに、畳のうえに布団を敷いて寝ることがないわけではない。その場合は布団から起き上がるとき、半覚半睡のあたまの中で一瞬とまどうが、それでどうということはこれまでなかった。

 ところが先日、布団のうえで思いがけない事態に遭遇して驚いた。・・・というか、正直にいうとショックだった。

 先だって義母が脳梗塞で倒れたため、わしらは何日間か義母の家に寝泊りした。病院へ通うのに自宅からでは遠すぎたからだ。

 義母の家にベッドはない。日本古来の伝統的寝具 “畳のうえに敷いた布団” のお世話になった。
 で、最初の夜だった。夜半にトイレに行こうとして、異変に気づいた。起き上がれないのである。
 布団のうえに上半身を起こすことはできるのだが、問題はそこから。どうしても立ち上がれない。2本の足の上にすっくと立てない。
 
 ベッドだと、立ち上がるのにべつに困難はない。
 肘を使って上半身を起こし、尻を軸にからだを90度まわして足を床におろす。そして立ち上がる。毎日なんの苦もなくやっている。
 
 だがこの夜、布団から立ち上がろうとしても立ち上がれなかった。
 足や腰や、上半身を支える腕に妙に力が入らない。
 
 なんだこりゃ。何が起きたんだ!?
 ・・・と、空気を吸っても肺のなかに空気が入ってこないような焦りで、ややパニックぎみにジタバタした。
 が、やはりどうしても立ち上がれない。地面のうえでひっくり返された亀状態。けんめいに手足を動かすのだが、むなしく宙を掻く感じだ。

 しかし、あとで冷静になってみると、何もうろたえることはなかった。べつだん病的な障害が発生したわけではなかった。
 
 人間の筋肉は使わないと衰える。誰でも知っているが、ただその衰え方が高齢になると、若いときより格段にスピードが速くなる。

 ふだん使わないで放っといた筋肉を、こっちの都合でいきなり引っぱり起こして使おうったって、そりゃムリですよダンナさん、となるのはトーゼン。

 人間にもいるよね。ふだんこっちが困っているときは知らん顔しているくせに、自分のほうが困ったときは気安くモノを頼んでくるヤツ・・・。そんなヤローなんか助けてやるもんか・・・という気になるわナふつう。
 
 ともあれ布団のうえで寝たのはほぼ1年ぶりだった。
 わずか1年ほど使わなかっただけで、こんなにダメになっちゃうんだ、80歳の筋肉サンって・・・。
 
 ・・・ということを改めて思い知らされる出来事だった。

 で、これだから年は取りたくないんだ・・・とミジメに思うか、いい経験をした、ふだんやるべきことをちゃんとやっとかないと、いざというときに役に立たんし誰も助けてくれんぞ、と教えてもらったと喜ぶか。
 
 ま、どっちにしても先が短いんだから、どっちでもいいんだけどサ。

        お知らせ
当ブログは週2回の更新(月曜と金曜)を原則にしております。いつなんどきすってんコロリンと転んで、あの世へ引っ越しすることになるかもわかりませんけど、ま、それまではね。

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てるよ

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です