わけ分かんない・・・

なぜ?

 義母が永眠して早や2ヵ月半がすぎた。

 時間の経つのが速い、あっという間だねぇ、何してたかねぇ・・・なんて年寄りのヒマ話を夫婦でしていて、ひょいと2ヵ月半前に話がもどり、母親の臨終のときの話になった。

 息を引き取ったことを主治医が告げたとき、女房は何をしたかというと、何とはなく母親の体にさわってみたくて、毛布の下に手を入れて足にふれてみたという。
 生きている時とほとんど変わらない温みがまだ残っていた。でもそのときは間違いなく母の命はすでに消えていたわけで、ちょっとフシギなな気がしたという。命は亡くなっても体はまだ完全には死んでいない。生の影を残している・・・。
 くるまは急には停まれない・・・。不謹慎かもしれんが、わしは何とはなくこの言葉を思い出した。

 また、その話を聞いたわしの頭のなかには、前回のこのブログに書いたばかりのメジロがよみがえった。わが家の窓ガラスに激突して、一瞬にしてあの世へ飛び立ったドジなメジロのことである。(参照→「小鳥も爺ィもよそ見をすれば・・・」)
 
 このメジロの死骸を手のひらの上に載せたときも、同じような感じがあった。
 生きものとしての命はまちがいなく失われたのに、生きている時とほとんど変わらない温かみを体に残していた。
 
 数時間後に、庭の片隅に埋葬してやろうとふたたびメジロを手にしたときは、完全に冷たくなっていた。そのとき初めて、ああ、これがホントの死だ・・・そう思った記憶がある。

 それがどうした?
 ・・・と言われれば、すみません、どうもしません、という以外にないのだけど、こんなことがきっかけで、そのあと何となく、生きものの命って何だろう、いやそもそも生きものって何なんだ?・・・っていう思いへつながったの。
 
 生まれてくればこうして必ず死んでいく。なのに何のためにわざわざ生まれてくるのだろうって・・・。
 生まれてきて何をするかといえば、メシ食ってクソしてネてトシとって死んでいく。結局、ただそれだけじゃないの、生きものって・・・。

 コを産んだのはコを残していくけど、そのコだってまた同じコトをくり返すだけだろ。ちがう?

 何のためにそんなことするの?
 ハナからこの世にいなけりゃ、いないでいいんじゃないの?
 べつに何の問題も起きないんじゃない?
 金星や火星を見りゃあ分かるだろう?

 ホント、わけ分かんないなァ。
 ・・・なんてことをつい考えちゃうのはわしだけだろうか。

 そうだ、お前サンだけだ。
 ヒマ持て余してんなら、もう少し人の役に立つことを考えろ。

 ・・・って言われるのは分かってるんだけど、その “役立ってくれる人” だって、同じように何の意味もなく生きてるんだもんなァ~。
 
 やっぱりわけ分かんないよ~。

        お知らせ
当ブログは週2回の更新(月曜と金曜)を原則にしております。いつなんどきすってんコロリンと転んで、あの世へ引っ越しすることになるかもわかりませんけど、ま、それまではね。

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てるよ

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です