色目を使う淑女犬

 その犬は、スーパーの駐車場の端っこの方で電柱に繋がれていた。

 犬に詳しくないので犬種は分からないが、全身がオシャレな感じにトリミングされたスレンダーな大型犬である。いうなら “上流階級の品のいい淑女って感じ。
 
 わしのような昔人間は、こういった犬の飼い主は金持ちだと思いがちだが、最近は金持ちでなくても自分の代わりにこうした格好を犬にさせる人もいるから、飼い主が金持ちかどうかは分からない。
 
 ともあれその犬は、スーパーの駐車場の端っこの、ひとがあまり来ない場所につながれていて、飼い主が買い物をすませて戻ってくるのを待っていた。
 
 だが、そこらへんの凡犬がよくやるように、せわしなげに首を伸ばしたり中途半端に尻尾を振ったりして、まだかいな、まだかいな、とそわそわイライラしている感じはない。前脚をきちんとそろえて座り、そこからはかなり遠くにあるスーパーの出入り口の方へ、行儀よく目をやっている。まるで玄関先におかれた犬の置物のように。
 
 その犬から3,4メートルほど離れたところに、人間用のベンチが置いてある。
 わしはそこに座っていた。わしも飼い主・・・じゃなかったカミさんが買い物を済ませて戻って来るのを待っていた。
 
 ちょっと話がそれるが、わしは毎日「眼球運動」というのをやっている。
 この眼球運動については、それをやる理由とその結果の悲喜劇を『ボケじじィの“にらみ”(上・下)』に書いているので参照していただくと今回の話も分かりやすいが(→こちら、要するに眼の筋力をきたえるために、目玉を上下左右に動かしたり、ぐるぐる回したりする運動である。それを毎日一定時間やることをわしは自分に課している。
 
 で、話を戻すが、スーパーの駐車場のベンチに座ってカミさんを待ってる間、なにしろ手持ちぶさただし、時間の有効利用にもなると思って、その “眼球ぐるぐる運動” をやっていた。
 
 その最中だった。強い視線を頬に感じた。
 で、視線がくる方へ目をやると、3,4メートルほど先にいる例の淑女犬が、すっと目をそらした。そして飼い主の出てくるスーパーの出入り口の方を見た。それまでもずっとそっちを見ていたかのように。
 
 だが、明らかに彼女はそれまでこっちを見ていた。
 
 わしは思った。あの犬はわしをウロン臭いと思ったにちがいない、と。
 目を回してぶっ倒れたわけでもないのに、目玉を風車みたいにぐるぐる回転させているヘンなじじィがいる。わたしの気を引こうとしてのか知らん。ともあれヘンテコなヤツ・・・と。
 
 わしは何となくイマイマしい気がして、それからその淑女犬を意識した。そして何気ない風を装いながら、こっちもチラチラと彼女の様子をうかがった。
 
 何回目かのチラ見をしたときだった。
 ちょうど向こうもこっちを見て、ばっちり目と目が合ってしまった。
 
 わしは反射的に慌てて目をそらした。
 そして思った。なにをオタオタしてるんだ。相手は犬だぞ。上流淑女風だとはいえ犬なんだ。目が合ったからといって、なにも慌てふためくことはない。いい年をして・・・。
 
 わしは内心ニガ笑いしながら、犬にまた目を戻した。
 犬はまだこっちを見ていたが、またしてもすっと目をそらした。
 
 明らかにわしを意識している。あんたなんか意識していないわよ、というふうに装いながら意識している。
 
 犬を飼ったことがないので犬の心理はよく知らない。
 だがこういう、まるで人間同士がやるような心の動かし方を犬もするのかと驚いた。
 
 飼ったことはなくてもこれまで多くの犬は見てきている。だがこんな応対をした犬は初めてだ。
 
 いくつになっても新しい見聞というのはあるもんだねぇ。
 長生きのチッチャな楽しみだな。
 

        お知らせ
当ブログは週2回の更新(月曜と金曜)を原則にしております。いつなんどきすってんコロリンと転んで、あの世へ引っ越しすることになるかもわかりませんけど、ま、それまではね。

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てるよ

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です