ボケじじィの“にらみ”(上)

 前回(8月4日)、「ボケた目」の話を書いたから、目についてもう1つ。こっちはボケが理由ではないんだがね。

 若いときからわしの目は分業をしていた。
 右目は遠くを見るときに使い、左目は新聞や本を読むときに使う。
要するに右は遠目で左は近目。

 その近代的分業体制が早くから確立してしまったために、右と左が分離して行動するようになった。早く言やあ、同じ方向を見ることが不器用になった。

 ちゃんと意識して見るぶんには普通なんだが、ちょっと気を抜いてぼんやりしているときなど、右目と左目が仲のわるい夫婦みたいにそっぽを向いてしまう。いわゆる“ロンパリ”。

 若いときからすでにそういう状態だったから、わしも気になった。
まずいご面相がよけいまずくなると思ってな。
 で、目医者へ足を運んだ。

 医者は言った。
 左目の眼筋のバランスが悪い。眼球(要するに目玉だな)を外側へ引っぱる筋力が弱っていると。
 「治療法は2つある。1つは手術して左右の眼筋のバランスを “整える”。もう1つは自身が日々鍛錬して、眼筋を ”鍛える”。
ただし眼筋運動は、やめるとすぐまた元に戻る可能性がある。一生続ける必要があると思ってやった方がいい。医者としては手術を薦めるがね」

 わしはそのとき、眼の中にメスを入れるなんてトンデモナイと思った。ひと言でいえばビビッた。で、後者を選んだ。

 その結果、医者の言ったとおり、この歳になってもまだ眼球運動をつづけとる。止めるとすぐに、ロンパリが当たり前のような顔をして復活するからだ。しぶとい。

 歌舞伎の成田屋(團十郎などの市川家一門)に、“にらみ”という伝統的パフォーマンスがあるのを知ってるな。
 左右の眼をぐぐっと中央に寄せるやつ。今の海老蔵などがやれば実にカッコいい。サマになる。が、ボケじじィがやったら、単にザマがないだけだ。

 だから老骨にムチ打って、今なお日々 眼筋運動をやっている。
 だが、けっこうしんどいんだ、これが・・・・。
 そこで貴チョーな教訓を得た。
「勇気は一時の苦痛、ビビリは一生の苦労」
 ドーダ、転んでもタダでは起きんだろ。(アホか!)

※この眼球運動に関してはまだ続きがあるので、明日また書く(→『ボケじじィの“にらみ”(下)』

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てるよ

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です