コロナ・アラマスク

 コロナがクローズアップさせたものは沢山あるが、その一つはマスクだろう。

 なにしろ今や世界中どこへ行っても、マスクをしてない人を見ない場所はない。
 ふだんはマスクを掛ける生活習慣のない国でさえ・・・だ。

 日本人はふだんでも一つ二つくしゃみをしただけで、あわててポケットからマスクを取り出す。そんな国にウイルス軍団がやってくればどうなるか、見なくても目に見える。

 この前の連休のとき、繁華街や観光地にくり出した群衆の光景をテレビで見た。ほぼ全員がマスクをしていた。
 それを見たとき、異常発生したバッタが空を覆っている光景がダブった。異常発生したマスクの大群。
 
 だが個々のマスクを見ると、バッタの群れのようなクローンではない。けっこう個性的だ。バッタだって捕まえて一匹々々子細に見れば、みんな違う顔をしているのかもしれない。
 
 マスクも、初期の頃は不織布の白いマスクが大勢だった。
 そのうち少しずつ変ってきた。

 まず材質に不織布以外のものが使われはじめた。ガーゼとか木綿とか絹とか。好評で全国民が大喜びしたアベノマスクは、モメンだった。わしはゴメンだけど。

 色も変わった。白のあと黒が流行するように見えたが、やがて赤や黄や紫、あるいは一色ではなく多色を使ったものが現れた。派手な色、地味な色、さまざまに。

 もちろん形も変わった。長方形の一般的なものから、鼻や頬や顎にフィットするように形をアレンジしたものが出てきた。
 
 そのうちさらに、マスクの表に自由に絵を描いたものが出てきた。
 
 その絵も、最初は既成もののコピーが多かったが、やがてオリジナルものがふえた。
 お気に入りのマンガのキャラクター、推しアイドルの顔、愛犬や愛猫の写真、あるいは地顔をカムフラージュするためのひょっとこやおかめ面・・・などがうれしげに口の上で踊った。

 また、マスクをすると隠れる顔の部分を絵にしたものも・・・。それも劇的にデフォルメして・・・。
 
 なにしろマスクは顔のほぼ半分を覆っているのだ。そこに芋虫のように分厚い唇と、その間から象牙のような巨大な乱杭歯がニョッキリ突き出ているのを見せられると、思わずギョッとする。
 もちろんこういう変わり種マスクをしている人は若い人に多い。
 
 マスクの更新はその後も続き、さらに過激になった。
 マスク全面をどっかの国の国旗にしたり、その上に大きく×印を加えたり、国旗を破いてその破れ目からベロを出したり(もちろん絵で)。
 コロナを政治に利用したなんて大げさなものではなく、ちょっとカッコつけたつもりなののだろう。

 ここまでくると、わしは危惧する。(ちょっと期待もしているけど)
 そのうち男や女の性器を描いたマスクが現れるのではないか・・・ということに。
 繁華街あたりでそんなマスクをして歩けば、あまたの視線が集まるだろう。愉快犯にとってこれほど愉快なことはあるまい。
 
 いつも思うのだが、人間って実におかしな動物だ。
 何事においても、生きる上でほんらい必要でないものをわざわざ付け加える。
 猿が木の実を食べたり繁殖期に交尾したりするのは、生きて種族を保存する上に必要だから。しかし食べものを火で調理したり、交尾時の体位をさまざまに工夫したりしない。
 
 人間がそういうある意味余計なことをするのは、先にもちょっと触れたように、人間には遊び心があるからだろう。遊び心は、生きる時間を少しでも豊かにしようとする思いから生まれる。
 
 しかし一方で思う。
 たとえば国境。国境は人間が生きていく上に必要不可欠だろうか。

 地球上には、クモの巣のように国境線が引かれている。
 人間が勝手に引いたものだ。
 だけでなくその国境線を少しでも広げようと戦争をする。
 戦争に勝利するために、巨大な費用と労力をついやして大量殺戮兵器をつくる。
 
 物事にはすべてプラスとマイナスがあると言えばそれまでだけど、それにしてもやっぱり人間は、おかしな動物だと思わずにおれない。
 わし自身を含めて・・・ね。
 

        お知らせ
当ブログは週2回の更新(月曜と金曜)を原則にしております。いつなんどきすってんコロリンと転んで、あの世へ引っ越しすることになるかもわかりませんけど、ま、それまではね。
ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てるよ

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です