スマイル & フェイク・スマイル

笑う犬

 最近のテレビでは、身近な動物の笑える映像をみせる番組が多い。
 国民の大半が、だれでも手軽に動画を撮れるようになったからだろうネ。

 となると、撮るのが自分の飼っているペットが多くなるのは分かる。アイしてる相手だし、手軽に撮影できるからサ。
 で、うちの子こんなに可愛いのよ、こんな芸ができるのよ・・・と自慢したくなるのも分かる。

 しかし、何度も見せられていると飽きてくる。
 そのうち、うちのゴキくんこんなに素早いのよ、という動画が出てくるかもしれない。うちのノミちゃん、こんなに高く跳べるのよ、というのは、撮影に少々技術が要るかもしれないけど。

 先日、その手の “激カワ動物番組” で、こんな犬を見た。
 口の尖った小型犬だったが、この犬は、飼い主が「スマイル」と言うと笑うのである。
 たまたまではない。飼い主の声がかかると必ず笑う。
 半ば口を開け、口角を横にひろげて、人間でいえばホーレイ線が出るあたり(鼻から口にかけての両脇)にシワを作る。
 
 たしかに一見、笑っているように、見えないことはない。
 だがどこかおかしい。稲荷神社の境内に鎮座しているお狐様を、油揚げを餌にムリに笑わせればこんな顔をするのでは・・・という感じ。

 あんまり楽しくはないし、カワイくもない。いやむしろちょっと気持ち悪い。
 
 しかしその犬の動画を、わしはなんとなく他人事にできなかった。

 わしは根が素直というか、人間の底が浅いというか、作り笑いがうまくできない。
 どうしても、 “いまムリに笑ってます” という顔になる。
 しかもそのことを意識するものだから、その意識が顔に加わる。
 相手はたいてい不快な顔をする。当たり前だ。
 
 ホンモノの笑顔はたしかに快い。笑顔を向けられて不機嫌になる人間はいない。つまり笑顔はどんな美辞麗句にもまさる、いわば最高のコミュニケーション・ツールだ。
 
 それだけにいっそう、本物の笑顔ではなく、ウソの笑顔を向けられると誰だって不愉快になるのだろう。

 そうと重々分かっていながら、わしにはできないのだ。 本物らしく見える嘘の笑顔が・・・。
 そのためにこれまでの人生で、どれだけ損をした分からない。・・・と思う。

 あるとき話のなりゆきから、この悩みをカミさんに洩らしたことがある。
 するとカミさんは、「そんなことないわよ。けっこう本物らしい作り笑いをしてるわよ」と言った。

 えっ、ホント? わし、考えすぎ?・・・と一度は喜んだが、よく考えてみると「本物らしい作り笑い」をしているというのだから、「フェイク・スマイル」であることは分かっているわけで、なんの慰めにもならない。

 といっても、できないものはできない。
 生きものには、どうガンバッテもできないものがあるのだ。
 地上ではしなやかな身ごなしの猫も、ツバメのように空を飛べない。
 地中を自在に動きまわるモグラも、リスのように木の枝の上を走れない。
 それぞれに得意不得意、できるできないがある。

 ・・・そう自分に言い聞かせて慰撫するのだが、先日のテレビで笑う犬を見て、結局自分の処世術は犬レベルか・・・と改めてまた少し落ち込んだ。

 いや、ひょっとすると犬のほうが上だ。
 少なくともあの犬は、自分の作り笑いを “芸” に昇華させている。
 そして飼い主を喜ばせ、テレビを通じて何百万もの人を楽しませている。

 それ比べてわしは・・・。
 

        お知らせ
当ブログは週2回の更新(月曜と金曜)を原則にしております。いつなんどきすってんコロリンと転んで、あの世へ引っ越しすることになるかもわかりませんけど、ま、それまではね。

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てるよ

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です