魔女の来賀(下)

          お知らせ
 私は満80歳の誕生日から、このブログを始めました。
 何を血迷ったか最初のうちは “毎日更新” でした。
 が、日を経ずして、それは老犬に馬車を引かせるようなものだと気づき、原則 “週2回” の更新に改めました。
 そしてほぼ4年半。老犬はさらに老い、お読みいただいてお気づきのように、いまや足腰が弱ってヨタヨタ歩きです。
 きっぱり辞めることも考えましたが、一度始めたことに自ら白旗を掲げるのもシャクです。せめて “週1回(原則)” の更新にしてでも、もう少し歩いてみることにしました。
 この未練がましい歩きがどこまで続くか、どこでいよいよ足や腰が立たなくなってクタバルか、面白半分に見物していただければ幸いです。
                   2022年1月7日

雪の日

 今年はどうも年の始めからあまりめでたくないことが起きるようだ。
 まだ松もとれないうちにカミさんの腰に “魔女の一撃” が襲った。

 ・・・と当人が言うので、とにかく整形外科医に診せようとタクシーを呼んだが、なかなか来ない。道路で待ちながら震えた。

 で、すぐ近くにある掛かりつけ医にまず診てもらおうと、ヒーヒー言いながらなんとか歩いて行ったら、門前がシンとしている。悪い予感が・・・というところまで前回に書いた。(前回『魔女の来賀(上)』はこちら

 予感はドンピシャリだったのである。
 その日はこの医院の、年末年始の最後の休診日だった。
今日は休みではないというカミさんの言葉を疑わず、わし自身が確かめなかったのが間違いだった。

 ああ、今きた道をもう一度もどるのか、魔女のムチと闘いながら・・・。
 それとも最初に考えたように、ここから整形外科へ行くか、すぐに来ないタクシーをもう一回震えながら待って・・・。

 カミさんに訊いてみると、意外にもヘンに明るい声を出した、このまま歩いて家に帰ると・・・。

 彼女はいう。我慢してここまで歩いてきたら、少しずつ腰の痛みが薄らいできたように思う。このままさらに家まで歩けば、もっと良くなるような気がする・・・。ひょっとすると、いわゆるぎっくり腰ではないかもしれない・・・と。

 君子豹変す。君子でなくても豹変す。カミさんのこの手の豹変には、わし、なれている。

 で、彼女の言うとおりにUターンした。
 何のために苦心サンタンしてここまで来たのか・・・と思わないでもなかったが、そうではなかった。ここまで歩いてきたからこそ、ムリにでも動かせば痛みが薄れることが分かったのだから。

 たしかに帰りは、来るときより歩調がしっかりしていた。枯れ枝がもつれ合うようではなかった。いや最後のほうは見違えるような歩きになった。何ですかねえ、これは・・・。
 
 その日の午後はさすがに家で安静にしていた。
 そのせいか、また痛みが少しぶり返したようだが、朝方のような悲鳴は上げなかった。トイレへもひとりで歩いて行ったし、咳もしたが、べつに痛がっているふうではなかった。
 
 その日は寒い日だった。3時すぎから降り出した雨が、辺りが暗くなる頃にはみぞれになった。その後ひと晩じゅう雪は降りつづいたらしく、翌朝窓の外を見ると一面の雪景色だった。
 この地方では十数年振りの大雪だとかで、朝からさらに本格派ふうに降り続いて、午後2時頃にはかなりの雪が積もった。マンションの2階から見る町の風景は堂々たる雪国だった。
 
 それを見て、カミさんが口にした言葉に、わしは思わず耳を疑った。
 これから食料の買い出しに行こう、と言ったからである。こんな雪の中へ出て行くなんて、楽しいじゃない? と。
「えッ? 腰は? 腰は大丈夫なの?」
 思わずそう訊くと、大丈夫みたい、とケロリと答えた。

 わしの頭のなかに童謡が流れ出した。雪やこんこん、あられやこんこん、降っても降っても、まだ降りやまぬ、犬は喜び、庭駈けまわり・・・。
 
 結局、若い犬が庭を駈けるならともかく、80歳前後の爺さんと婆さんが大雪のなか外へ出て行ったのである。

 賛同したのは、老いた腰に魔女の一撃(もどき)をうけながら、その体に甦った童心を味合わせたいと思った老女の心情を、なにとはなく痛々しく哀れに感じたからである。

 こうしたチャンスはもはや2度とこないかもしれないから・・・。
 
 ・・・にしても、爺さんと婆さんが何やってんだろうねぇ~、年の始めから・・・。
 

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てます

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です