住宅地のベンチで

住宅地のべんちで

 犬も歩けば棒に当たる。
 へんてつもない住宅地でも、歩いていれば小枝のような棒に当たることがある。当たるのはとくべつ災難でも幸運でもないけど。

 わしの住んでいる所ははいわゆる住宅地なのだが、道端のところどころにベンチが置いてある。枝を広げている桜の樹の下とか、三叉路の角にある小さな空きスペースとかにね。

 わしもときどき利用させてもらう。坂の多いところなので、坂の上に設置されているベンチは、わしらのような年齢の者には、夏の日なかを歩いてきたあと冷たい飲みものを出されたようで、ありがたい。

 先日も、勾配はゆるいけれど比較的長い坂道をのぼったあと、だれもいないベンチに腰をおろした。
 ほっとして胸もとのボタンを外し、手で風を送っていると、下の方から視線を感じた。
 気がつかなかったが、足元から1メートルほど離れた花壇の陰に、2,3歳くらいの女の子がしゃがんで遊んでいた。そこからさらに2、3メートルほど先へいったところで、30代後半の中年女性が3人立ち話をしている。

 さて、女の子であるが、しゃがんだまま顔をあげて私の方をじっと見ている。
 わしもごく自然に彼女を見返した。
 整った顔つきの女の子で、まっすぐにわしを見て、まばたきもしない。
 わしの方も(ドライアイだからまばたきはしたかもしれんが)そのまま彼女を見つづけた。

 ところが、女の子はなぜかいつまでも視線を外さないのだ。ぴたりとわしに目を据えたままなのである。
 顔に草でも生えているのかな、と思ったが、そんなわけはない。おそらくこの子の周辺には年寄りがおらず、白いひげを垂らした爺さんは珍しいのかも・・・などと思ったりしながらも、何となく変な対抗心が出てきて、わしも目を外さずにそのまま彼女を見返しつづけた。(いい年をして何をやってるんだろうねぇ)

 だがそのうち、だんだん居心地が悪くなってきた。
 ひとつにはその居心地悪さを絶ち切ろうとして、もうひとつには遅ればせながら女の子の遊び相手になってやろうと思って、両手を広げて両耳のそばへもっていき、ひらひらさせながら両目の玉を中央へ寄せて見せた。要するにヘン顔をつくって笑わせてやろうとしたのだ。

 すると女の子はふいに怖じ気づいたたような顔になり、ぱっと立ち上がると、子犬のような素早さで立ち話をしている中年女性のところへ走っていって、その中のひとりの手につかまった。
 それからわしの方を振りかえると、唇を目いっぱい横に広げて、「イーッ!」をしてみせた。

 わしは好意をもってデートに誘ったら、すげなく断られたような気分になった。
 
           ◇
 
 もうひとつ。
 まだ寒い頃だったが、別のところのベンチに座っていたときに、こんな光景を見た。

 疲れた体を休めながらぼんやりしていると、犬を連れた男がやってきた。
 犬はぬいぐるみと間違えそうな小型犬だ。おそらくトイプードルだと思う。
 そしてその糸のように細いリードを手にしているのは、1メートル80センチを超えていそうなすらりと背の高い中年男だった。着ているものもラフだけど上質モノで、いかにも高級サラリーマンの休日・・・といった感じだ。

 ところが、ちょうどわしの目の前辺りまで来たところで、そのトイプードルはピタリと足をとめた。そしてそのまま動かなくなった。まさに電動おもちゃの電池が切れたみたいに。

 なんとなくおかしかったのは、その小犬に合わせて、飼い主の大男も電池が切れたみたいになったことだ。じっとして動かないのだ。小さき愛犬になにか話しかけるでもなく、しゃがんで頭を撫でてやるでもなく、抱きあげて腕にかかえるわけでもない。犬に合わせて自分も足も止め、地面に近いところにいる犬を、えらく高いところから、ただじっと見下ろしているだけなのである。

 短い間ならべつにどうということもないだろう。だがどういうわけかそのトイプードルは、そのまま時間が経っても動かないのだ。まるで4本の短い足が地面に根をおろしたみたいに。

 足を動かさないだけではない。頭も体も動かさない。家の玄関先に陶器の犬が置いてあるのをときどき見かけるが、あれと同じ。目も動かさないので、なにか深遠な思索でもしているのかと疑いたくなったほど。

 そのうえ飼い主のスラリ大男。ふつうならリードを小さく引くとかして、そろそろ行こうよと促すくらいのことはすると思うのだが、あくまで犬がみずから動きだすのを待つつもりらしい。
 その様子はまるで、小さなお姫様につかえる大柄な執事のよう。

 しかしそのうちわしは、ひとごとながら少しイライラしてきた。そのイライラを言葉にするとしたら、
「いくらお姫様が大事でもさあ・・・・」

 そう思ったとき、その内なる声が聞こえたわけじゃあるまいが、ふいに犬の体が動いた。
 すっと腰を落とし、短い尻尾があげて、お尻からナメクジのようなウンチをポとりと地面へ落としたのである。続いてもう一匹、やや小さめのナメクジが飛び降りた。そのナメクジたちは存在感を示すようにかすかに湯気をあげている。
 執事様もそこでようやく動いた。ポケットに手を入れてビニール袋を取り出したのである。

 わしは訳もなくほっとした。
 そうか、これを待ってたのか。
 わしらでも、時間がかかるときがあるもんなァ。

 そして、今にして思えば、さらに余計なことを考えた。
 わしらも、ああいうトキの目を第三者が見れば、あんなふうに哲学的・思索的な色を湛えているのだろうか。いちど見てみたいな~、と。

 ・・・ったくヒマだなァ、老人は。

        お知らせ
当ブログはこれまで週3回の更新を原則にしておりましたが、最近老骨がギシギシ言い出しており、折れてバラバラになって海へ散骨・・・てなことになると元も子もありませんので、今後は週2回の更新(月曜と金曜)を原則に致したいと思います。ご理解いただければ幸せです。

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てるよ

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

Follow me!

住宅地のベンチで” に対して 2 件のコメントがあります

  1. むらさき より:

    半ボケじじいのブログはホントに面白いな~♪
    エッセイのように読み進めて、ふふっと笑ってしまうのだ♪
    週に2回でも、1回になってもいいから、続けてね♪

    1. Hanboke-jiji より:

      ヨイショにしてもこういうことを言ってくれる人がいると、
      ホネもアラシも乗り越えて、骨がギシギシ言おうが風がビュービュー言おうが、
      なんとかガンバッテ続けにゃあアカンな・・・と思うよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です