暑い夏にアツイ話

暑い日

 今年の夏は暑い。やたら暑い。早くから暑い(梅雨明けが例年よりだいぶ早かった)。

 このごろテレビが、「熱中症にご注意ください」とオウムのように(宗教の…じゃないよ)くり返している。熱中症にかかる人の40数%は家の中でかかる(半分に近い!)・・・ということも言っている。

「えッ、ほんと?」と、わしのような古い人間には、ちょっとした驚きだ。
 熱中症って、炎天下のグラウンドを、休憩/水補給なしで30周させられるときにやられるもんじゃないの? あるいは真夏の競艇場のスタンドで、外れ券をバラまいてるときにとかさ。

 ところでアツイのは気候・天候ばかりではない。人間にもアツイ人がいる。
 人間の場合は「暑い」と書くか「熱い」と書くかで、ニュアンスに少々違いが出る。

 「熱い人」の代表は、最近では松岡修造サマだろう。
 テレビのCMやニュースショーに出演しても、試合の実況で解説をやっても、とにかく言うことや身振りがやたらテンションが高い。声も高い。ギャラも高い・・・かどうかは知らん。

 彼は勢いにのって本を書き、カレンダーまで出して、よく売れているという。最近は役者にも手を出して、急成長したベンチャー企業のアツイ社長といったいかにも彼向きの役を演じて、ソツなくこなしたらしい。(地でいけばいいんだもんね)

 彼がこれほどモテるというのは、今の日本ではアツイ人間が求められているということか。
 逆にいえば、アツイ人間が日本にはあんまりいないのかもしれない。いないからアツク求められる。・・・という気がしないでもない。

 まあ、エネルギーがあり余っている若い人なら、彼の映像やことばにふれて、元気になる人が出てくるのかもしれない。
 しかしわしのような ”エネ枯れ老人” には、こんなアツアツ人間にうっかり同調していると、鼻先に焦げるにおいがしてくる。オーバーヒートでエンジン停止・・・ってのを起こしかねない。要注意だ。

 ところで、「熱い」人間と「暑い」人間のちがいはどこにあるのか。
 「暑い」人間は「熱い」人間とちがって、あんまり人から好かれないということがあると思う。はっきりいうといっしょにいたくない。人間の場合の「暑い」は、「暑苦しい」と同義だからね。

 とりわけ今年の夏のように気候・天候が暑いときに、暑苦しい人間にそばへ寄ってこられたら、サウナ風呂で裸のトランプ大統領に抱きつかれたような気分になる。やはりごめんこうむりたい。

 わざわざ見本の有名人をあげなくても、”暑い人” というのは誰にも周辺にひとりやふたりはいるものだ。
 この手の人間には共通項がある。つまり彼ら自身は、自分が暑苦しい人間だという自覚が少しもないことだ。トランプが自分を裸の王様だと思っていないようにね。

 このあいだネットニュースで読んだけど、トランプさん、自分のことをアメリカ史上稀にみる “実行力のある有能な大統領” だと思っているらしいよ。
 たしかに、あんな “虚言実行が有能” な人物はいないワ。金のゾーリをはいて探してもいない。

 暑苦しいのは人間だけじゃない。暑苦しい国もある。こういうのは人も国も同じ。
 早い話、日本の周辺にもいるだろ。上は大統領から下は幼稚園児まで、何かというと日本の悪口を言いまくる国。恨み千年とかのたまって、バスの中にまでお国自慢の銅像を座らせたりする。暑苦しくてやりきれない。

 同国も、自分たちのやっていることが世界にどう見られているかに、まるで無知のようだ。自分たちが暑苦しい国だという自覚がまったくないらしい。愛国心にあふれた国だと思っている。

 そういえば、先に書いた松岡修造サンも、ついこの間テレビで言っていた。「皆さんは私をアツイ人間だと思っているらしいけど、どこがですか。私自身は自分がアツイなんてまったく思っていないんデスけど」と。
 また熱中症にかかってダウンする人間も、自分が熱中症だとの自覚がある人は少ないらしい。自覚がないから対応が遅れて重症になる。

 まだ7月半ばだ。まだまだ暑い夏はつづく。
 みなさんゴクローさん。

        お知らせ
当ブログはこれまで週3回の更新を原則にしておりましたが、最近老骨がギシギシ言い出しており、折れてバラバラになって海へ散骨・・・てなことになると元も子もありませんので、今後は週2回の更新(月曜と金曜)を原則に致したいと思います。ご理解いただければ幸せです。

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てるよ

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

Follow me!

暑い夏にアツイ話” に対して 2 件のコメントがあります

  1. むらさき より:

    いや~ホントに暑いですね~
    我が家は、エアコンがなかったんだけど、買っても設置は8月14日。。。
    それまで生きていられるかが最大の山場です(笑)
    じいさん、高齢者の熱中症は家の中ですぞ!
    理由は、高齢者は暑さ寒さを感じる神経が鈍くなっておること、トイレにたびたび行くことを嫌って水分を取らないことです!エアコンをちゃんとつけて、水分を取って、もひとつ栄養も取って元気で居てくだされや~!!!

    1. Hanboke-jiji より:

      今までエアコンがなかったなんて、なんてエライ家じゃ。表彰もんじゃ。
      なにか特別の哲学でもあったのじゃろうが、さすがに今年の暑さには
      抵抗しきれなかったようじゃね。
      ・・・といってもわしの家も同じようなもんじゃ。客用にエアコンは一応
      付けてあるが、ふだんは女房がケチってなかなかリモコンに触らせなかった。
      しかし今年はそうも言っとられんようになって、暑いときにはチョボチョボ冷房入れとる。
      おっしゃる通りエアコンけちって熱中症でおっちんだ・・・なんて、
      あんまりカッコよい一生の終わり方じゃないからねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です