真夏の昼下がりにインターフォンが鳴った・・・

妖怪

 とりわけ暑かった今年の夏の話である。
 
 玄関の戸をあけて、その男を見たとき、わしは思わず後ずさった。
 子供のころ絵本でみた巨大な蛸入道が目の前に立っていたからだ。
 じっさい一瞬、現実の世界が消えて、絵本の世界へワープしたかのような錯覚があった。
 
 彼はそれほどの大男だった。おそらく2メートルを超えているのではないか。しかも太っている。その体は玄関の入り口をほとんど塞いでいた。

 顔も大きかった。太っているせいか、まん丸。
 しかもそのうえ頭に毛がない。つるつるに剃っているのだ。
 
 その日はとくべつに暑かった。顔と頭にふき出た汗を、しきりにタオル地のハンカチで拭いている。その顔はまっ赤だ。それが蛸入道を連想させた理由の一つにちがいない。

「お休みのところお邪魔して申し訳ありません」
 男は意外にも腰を深くかがめて挨拶をした。そして風体に似合わないやさいしい声を出した。
 笑っていなければ相手を恐れさせる顔だが、目を細めるようにして満面を笑みをたたえている。
「先ほどインターフォンで申し上げましたように、○○新聞の、新しくこの区域担当になりましたMと申します」
 そう言って男は、大きな手の中にすでに用意してあった名刺を、両手でそっと差し出した。話し方も、名刺を差し出すときのしぐさも、ゆっくりと丁寧で荒々しいところはまるでない。むしろ相手に安心感を与えるようなおっとりとした雰囲気がある。

 そんなMの姿をあとで思い出して、わしは思った。
 おそらく世間の大半の人間は、この男と最初に顔をあわせたとき、わしと同様の反応を示すのにちがいないと。
 そしてそれは彼にとって決して快適なものではなかったにちがいない。ひょっとすると彼の性格は、その体形・容姿が与えるイメージとはおよそ反対であるのかもしれない。そういうことは珍しいことではない。

 話が少しそれるが、世の中を見まわしても、自分にぴったり合った仕事に就いている人は少ない。スケートの羽生結弦や野球の大谷翔平のように、容姿・才能が自分の仕事と誂えたようにマッチしている幸運な人間もいないことはないが、ごく一握りだ。ほとんどの人は多かれ少なかれ自分の資質と仕事のあいだにギャップを抱え、悩みながら仕事をしている。
 今夏わが家の玄関にやってきた某新聞販売店の区域担当員M氏も、まちがいなくその1人であろう。

 新聞の販売競争は厳しいと聞く。景品競争などもあるが、最後は結局、玄関に勧誘にきた拡張員や区域担当者の人間性・・・人間としての印象の良し悪しが決め手になるにちがいない。

 それを考えると、海坊主的外観がMを悩ませたであろうことは想像に難くない。Mの仕事がプロレスラーか関取だったら良かったのかもしれない。リングや土俵の上でたたかう相手は、彼を前にしただけで腰が引けるだろう。戦意を失った相手とたたかうのは難しくない。成績も上がっただろう。

 しかし、神はそれほど人間にやさしくない。神は、Mの容姿に最もふさわしくない職業を彼に与えた。わざわざ・・・とへそ曲がりのわしなど言いたくなる。

 Mは悩んだかもしれない。が、ただ悩んでいるだけではバカと同じだ。

 ここからはわしの想像だ。
 この小さくて大きな問題に直面したMは、賢明にもみずからの現実をあるがままに受け入れた。その上に立って、どうすればよいか、どうするのが一番か・・・を考えた。いやもっと言えば、そのままではマイナスになる自分の外観を、逆にプラスにする方法はないだろうかと考えた。

 そこでMはあることを思いつく(・・・とわしは想像する)。
 現実を逆転させればいいのだと。
 つまり一般家庭を訪ねて、玄関に主婦や定年後の爺さんが出てきたときに、圧倒的に不利な自分の外観が、逆に有利になるようにすればいいのだと。そのような手を考えればいいのだ。

 わしも経験があるが、たとえばあまり深く付き合わなかったときには、おしゃべりで出しゃばりで軽薄な奴だなと思っていた男が、何かのきっかけで(いっしょに一つの仕事をするとかして)よく知ってみると、意外にも人生や世の中のことを深く考えていて、しかも誠実な人柄であったと分かることがある。そんなときには彼への信頼がいや増す。外観と実体との間にあったギャップが、彼への信頼感に変わる。ギャップが大きければ大きかったほど、信頼感も大きくなる。

 Mはそこを考えたのではないか。彼の人間性がじつは見た目と逆であることが分かれば、彼への信頼感は普通の販売員より大きくなる・・・と踏んで実行しているのではないか。

 そう考えると、彼が頭を剃っていることにも納得がいく。
 彼の坊主頭は猛暑対策のためではないと思う。わしが最初に彼を見たとき連想した海坊主的見た目効果を、より高めるために取った戦術のひとつなのではないか。
 
 だとすると彼は間違っていなかった。
 少なくともわしには効果があった。しばらく話しているうちに、M氏の人間性が恐ろしげな外観とは逆に、気の弱そうなまじめな人物らしいことに好感をもって、あと1ヵ月半で契約が切れたあとも、つぎの6ヵ月も継続購読する契約をしてしまったのだ。

 彼は、前回の区域担当者がつけてくれたサービス景品にもう一品うわ乗せしてくれて、巨大な体を90度折り曲げてから帰って行った。

 分かっているよ、あんたらがいま思ったこと。
 ボケかけた爺さんをちょろまかすのは軽いもんだナ・・・って思ったんだろ。

 ま、わしもどっかでそう思わないでもない。

        お知らせ
当ブログは週2回の更新(月曜と金曜)を原則にしております。いつなんどきすってんコロリンと転んで、あの世へ引っ越しすることになるかもわかりませんけど、ま、それまではね。

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てるよ

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です