メスとオス

メスとオス

 何度か書いているが、わしは朝起きたら1番にベランダに出て、体操をするのを日課にしている。

 あまり言いたくないがコレをやらないと、老人の体はたちまち腐るからだ。
 もう少し現実的に言えば、体が枯れ枝みたいに硬くなる。

 ベランダからほぼ10メートルほど先に、電線が横に走っている。
 その電線にときおり鳥が飛んできてとまる。カラス、スズメ、シジュウガラ、ツバメ、鳴き声はよく聞くが名前は知らない鳥・・・といったごく平凡な鳥たちだ。
 
 で、これから話そうとしているのは、そんな鳥たちの1種ハトである。
 
 数日前の朝のことだった。
 体操をするのがなんとなくかったるくて(そういう日が1週間に1回ほどある)、ボーッと突っ立ったまま前を見ていると、10メートルほど先の電線に1羽のハトが飛んできてとまった。
 何のヘンテツもないふつうのイエバトだ。ふくらんだ胸の辺りや、軽く片羽を広げてその付け根あたりを、くちばしでつついたりしている。
 見るともなしにぼんやり見ていた。
 
 しばらくするともう1羽ハトが飛んできた。
 先客より50センチほど離れた左隣(わしから見て)にとまり、足元の電線に2,3回くちばしをこすりつけてから、あとはなにげない風に前を向いてじっとしている。
 
 最初わしは番(つが)いかと思った。
 しかし夫婦にしてはちょっとよそよそしい感じがしないでもない。
 ・・・そう思って見ていると、あとから来た方(わしから見て左側にとまった方)が、さりげなく数センチほど右側のハトのほうへにじり寄った。
 
 すると右側のハトは、ちらりと左のハトをみてわずかに身じろぎしたが、それだけだった。
 
 さらにしばらくすると、また左のハトが右のハトのほうへ寄っていった。寄せ幅は前回よりすこし大きい。
 すると右のハトはススッと右へ動いた。つまり離れて距離を保った。しかしその離れ幅は、左ハトの寄せ幅の半分くらいだ。つまり2羽のあいだの距離はすこし縮まった。
 
 しばらくすると三度び、左ハトが右ハトのほうへ寄った。
 すると、右ハトはその寄せ幅の半分くらいまた離れた。
 
 そういうことを数回くり返して、結局、2羽のハトの間は10センチくらいになった。
 それからの左ハト(おそらくオスだと思う)の動きは、かなり積極的になった。どうやらそれまではメスの反応を確かめていたらしい。

 くちばしをメスのくちばしに近づけていって、つついたりこすりつけたりするような動作をする。
 メスバトは首を反らし避けるようとする風情だが、オスバトはいっそう首を伸ばして求めつづける。

 オスの求愛(…と思う)がほんとに嫌なら、メスバトはさっさと飛んで逃げればいいと思うのだが、そうしないところを見ると、メスのほうもオスバトのアタックがまんざらでもないらしい。
 
 ただ、その求愛がさらに激しくなったとき、メスバトはパッと電線から飛び立って逃げた。するとオスバトも間髪入れず後を追い、2羽はたちまち視界から消えた。
 オスの追う行動が躊躇するところなく素早かったのは、おそらくコレは脈があると踏んだのにちがいない。
 
「追えば逃げ、逃げれば追う」

 ・・・という俗言があるのを思い出しながら、わしは思った。
 人間は万物の霊長などといってイバっているが、生きものの基本に関わる行動は、人間もハトもたいして違わないなァ~と。
 そう思って、どこかホッとするところがあった。

 人間は、自分が作り出した人工知能にやがて追い越されて、その奴隷的存在になる・・・などと言われている。
 だが、たとえそうなったとしても、コトこういう事柄に関するかぎりは、やはり今のハトと同じようなことをするのだろうなァ~、と思ったのだ。
 
 すると何やらすこし元気が出てきて、やる気のしなかった朝の体操をやる気になったのだった。

 ・・・って、何だろうねコレ。
 

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てます

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

        お知らせ
当ブログは週2回の更新(月曜と金曜)を原則にしております。いつなんどきすってんコロリンと転んで、あの世へ引っ越しすることになるかもわかりませんけど、ま、それまではね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です