人生は放物線を描く

人生は放物線

 何度も書いているが、年をとると体の動きがにぶくなり、若いときにはしなかったぶきっちょななヘマ・ドジを、ついやってしまう。
 食事のときに、箸から食べ物を落とすのもそのひとつ。

 食べもので衣服をよごすなんて、2,3歳の幼児じゃあるまいし、われながら情けないとは思う。でも、注意してても落ちるのだから仕方がない。

 情けないという自覚があるなら、「仕方がない」なんてやる気のないお坊っちゃんみたいなこと言ってないで、食事のときにはきちんと気をつけたらどうだ、と言われるかもしれない。だが、気をつけていても落ちるものは落ちる。

 その情けなさに拍車をかけるのが、女房の反応だ。
「ほら、また・・・」という目でわしを見る。
 落とすんじゃない、勝手に落ちるんだ・・・と抗弁しても、どうせヘタな弁解にしか聞こえんだろうな・・・などと思っているところへ、「毎回洗濯する者の身にもなってよ!」と言われたら、その圧倒的な具体性のまえには沈黙しかない。

 そこでわしはせめてもの対応策として、ドロナワ式と言われるかもしれんが、食事をするときは使い古しのエプロンを掛けることにした。
 食べものが落ちることは防げなくても、衣服を汚すことは防げる。女房の手間をへらせる。

 このエプロンはもちろん食事専用だ。食事がおわると外す。
 いちいち外さなくても、何時間かのちにはまた掛けるのだから、掛けっぱなしにしといたら・・・と思われるかもしれんが、わしはいちおう食事が終わると外す。メンドーでも外す。
 食べものを箸から落とすのもみっともないが、いいオトナが、一日中古エプロンをして家の中うろうろしているのも、あんまり見よい図じゃないと思うからだ。

 たしかに、そんなトコ見られたらあんまりカッコよくない。しかし女房以外にいったい誰が見るの?

 なかなかスルドイつっこみだ。が、わしは反論する。
 「女房以外に」なんてあんた、女房に失礼だ。
 わしはまず、女房の目にカッコ悪く映りたくない。なぜなら、いつもいちばん身近にいて、いちばん関わりのある人間が女房だからだ。
 この歳になって、女房以外に誰がまともに見てくれるか? 関わってくれるか?

 そして第2には、わし自身の矜持の問題だ。どんな歳だろうと、矜持を持たない、あるいは矜持を失った人間ほどみじめったらしい存在はない。人間にかぎらない、犬や猫でさえそうだ。野良猫はまだしも、飼い主に捨てられた犬の姿は見てられない。

 ・・・なんて、キューソネコヲカム的屁理屈をムリヤリこねあげたが、このエプロン問題でわしがいちばん思うのは、実はぜんぜん別のところにある。

 「人間の一生は山形の放物線を描く」という説をどこかで聞いたことがある。それを思い出す

 縦軸に人間の能力、横軸に年齢をしめす座標軸をイメージしてもらいたい。
 わしが食事のときにつけるエプロンは、実態からいえば赤ん坊の “ヨダレ掛け” と同じだ。
 つまり、わしの人生座標における現時点の縦軸値(人間能力値)は、赤ん坊と同じレベルにまで落ちた(…というか戻った)こと示している。
 一目瞭然ではないか!

 などと感心している場合ではない。
 その放物線がなにを意味しているか、分かっているのか?

 分かってる。分かってるが、あわてない。あわてても、仕方がない。
 なぜなら、落ちるものは落ちる。人間も、リンゴも。
 それが自然の摂理だ。

 ならば毅然とし、かつ粛然、悠揚として0地点へ歩を進める以外にないではないか。それ以外に何ができるか。

 ・・・というようには、現実は都合よく進んではくれない。
 0点への着地まで・・・言い換えればこの世からの離陸まで、粛然・悠揚などといっておれないアレコレ・イロイロがあるだろう。
 メンドーではあるが、それが現実だ。

 ひとつ、ささやかな朗報がある。
 最近、女房の箸からも、ときどき食べものが落ちるようになった。
 彼女だって人間、放物線は描くことを免れない。わしより6年遅れで・・・。
 これからは、彼女の「ほらまた・・・」の目が、多少柔らかなものになるなるのではないか・・・と期待する。

 これがさっき言った “朗報”。
 あまりにもささやかすぎるけどね。

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てるよ

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

Follow me!

人生は放物線を描く” に対して 2 件のコメントがあります

  1. むらさき より:

    朗報に水を差すようですが、私の心内をあかしましょ(笑)
    「私はたま~にだけど、貴方はちょいちょい落としますから・・・」

    そういえば、亡くなった父も食事のときに、母のお手製エプロンを付けてました♪
    なんか可愛らしかったのを思い出しました♪

    1. Hanboke-jiji より:

      “たまーに” と “ちょいちょい” の間にある差が、
      “深~い溝” でないことを祈る以外にないな。

      それにしても、むらさきさんのお父さんも、お母さんお手製の
      エプロンをつけていたなんて、なんかうれしいね。
      ホワッとあったかい気持ちになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です