テレビに溺れる老人とCMに溺れるテレビ

老人とテレi

 昨今のテレビCMの多くは、正直いってわしには “3らん” だ 。
 つまらん、くだらん、わからん。

 でもまあ、ムリもない。こういうCMを作っとるのは、わしの孫くらいの年齢の連中だろうから。
 この年のヘダタリを埋めろっていうのは、太平洋を埋め立てろっていうようなもんだから、ま、どこまでいっても水平線・・・おっと平行線だろうな。

 

 いちばん気に食わんのはCMの数が多いことだ。
 特に番組の後半入ると、がぜん多くなる。終盤になると、番組のあいだにCMが入っているのか、CMのあいだに番組が挟まっている分からんくらいだ。
 彼ら(テレビ関係者だな)は視聴者を甘くとるんだ。ここまで見たらもうチャンネルは変えんだろうって。

 

 いちいちうるせえな。だったらNHKだけ見てろ。

 ・・・って言われるのは分かっている。もちろんNHKにもいい番組はあるよ。特に、むかし「教育テレビ」といった「Eテレ」には近ごろ面白いのが多い。
 しかし民放にも見たい番組はあるんだ。公共放送ではメンツがあってちょっと作れんような企画に、面白いのがちょくちょくある。よってNHK専属視聴者になるわけにもいかんのだ。

 それに、実は、年寄りにとってテレビは必需品だ。「食う、寝る、見る」ってのが、現代老人の生きる三本柱。

 あまり言いたくないが、あえて言うと、テレビがないと老人は溺れて死ぬ。
 溺れて死ぬ? 何じゃそれ。

 こういうわけじゃ。
 現代の年寄りは、医学の進歩によって命を引き延ばされとる。最新式医学製法による謹製手延べソーメンみたいなもんだ。

 だがその引き延ばされた自分の命を、老人たちはどう扱っていいか分からん。なんせ現役時代は、働け働けってんで働きに働かされて、仕事以外に何にもしなかったからな。
 今になって、ほら自由時間をやるよ、と言われても、何をしていいか分からんのだ。
 有り余るヒマの海に放りこまれて、アップアップ溺れそうになってる老人たちが、わしの周りにもごまんといる。

 テレビ以外にやることといえば、たとえばパソコン持ってるジイさんだと、女房の目を盗んでこそこそアダルト・サイトを覗きに行くくらいのもんだ。バアさんだと気の合った仲間とレストランへ行き、人の悪口を言って楽しむくらい。笑ったはずみにスパゲッティを喉につまらせたりもする。

 あとはもうただ一日じゅうテレビを見てるだけ。男も女も、老いも若きも・・・じゃなかった老いも老いも、おいらもおまえも。

 こうして溺れる者がワラをもつかむ思いで見るテレビも、ちゃんと見たい番組を見せてくれん。バラバラに切り刻まれて、訳の分らんCMを大量に差し込まれる。
 溺れそうになってつかんだテレビが、CMに溺れそうになってるってんじゃ、シャレにもならん。老人も救われん。

 ・・・なんてヘタな役者みたい口ぎたなく嘆いてみせたけど、そんなテレビCMも、切り口をちょいと変えればけっこう楽しめる、ということもじつはあるんだな。
 次回はそのことを書いてみる。

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てるよ

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です