残り香にゆすぶられて -高齢者の性- (1)

炎/稲妻

 松永安左衛門って知ってますか?

 今の若いひとは、誰、それ、江戸時代の人? って感じだろうけど、かつて「電力王」と言われて、明治・大正・昭和に活躍した名物財界人である。政治家もやったし、有名な茶人でもあり、美術コレクターとしても知られた人だ。いわば実業と風流の両道を極めた人物といっていい。この人が90歳の正月に詠んだ句に、

 ≪初夢や若き娘に抱きつけり≫

 というのがある。「うなじ」とか「素足」とかいった文字を紙の上に見ただけで興奮する若い男が作ったのではない。90歳の老翁が詠んだ句なのだ。
 彼はこの句にちなんで評論家の大宅壮一にこう言った。・・・と、山田風太郎著『人間臨終図巻』にある。
「この頃よく女とナニする夢を見ますナ。夢の中では完全にできます。若いときはそういう夢を見ると夢精するのだろうが、さすがにもうそれはない。しかし、実弾を撃った感じは十分します」

 男だけではない。女も同様の夢をみるらしい。
 老人ホームで生活している88歳のおばあさんが、季節の替わりめで掛け布団を厚めに替えた翌朝、
「ゆうべな、じいさんが乗っかかってきて、重うてしょうがなかった」
 と職員に訴えたという。”じいさん” はすでにあの世にお暮らしで、乗っかかりに来るには少し遠すぎる。掛け布団の重みが、この老女の身体に埋み火のように残っている性を揺らしたのである。(阿部初枝著『たまゆらの』)
 老人ホームで心のケアを担当している女性の話によると、カウンセリングで信頼関係が生まれると、性のことを話したがる老女は多いという。

 川田順という人物も、いまの若いひとは知らないかもしれない。
 明治から昭和まで生きたやはり実業家で、住友総本社常務理事にまでなった人だが、前皇太子の短歌の指導もした歌人である。だが、”老いらくの恋” の主人公としてのほうが有名だ。
 彼は妻を亡くしたあと、66歳のときに知人(京都帝国大学教授)の夫人(39歳・歌の弟子)と恋に落ちた。今でいう不倫である。

 ≪相触れて帰りきたりし日のまひる天の怒りの春雷ふるふ≫
 ≪吾が髪の白きに恥づるいとまなし溺るるばかりかなしきものを≫

 人妻が相手とあれば逢引きはひるまになる。帰途、悔恨の思いがはげしく胸を苛む。いい年をしてお前はいったい何をしているのだ! 相手は知人の妻で、しかも自分より30歳近くも若いのだぞ・・・。
 折しも頭上で春雷が鳴っている。それは天が怒っているとしか思えない。それでも自分は自分を抑えられない。白髪を恥じるいとまもなく、愛する人を愛さずにいられない。

 最後にいもうひとつ。
 最近あちこちで紹介されて世に知られることが多くなった短歌に、歌人・吉野秀雄の絶唱がある。

 ≪これやこの一期いちごのいのちほむら立ちせよと迫りし吾妹わぎもよ吾妹≫

 妻は死の床にあって、命の炎が燃えつきようとしている。
 その妻が、今生最後の交わりを夫にせまるのだ。
 これはもう性を超えた、人間の命の最後の一滴をしぼり出す場面を詠んでいるようにわしには思える。
 そしてその最後の一滴が、吉野氏の妻の場合は情交だった。・・・・

 日本では、老人というとすぐに「枯れた」ということばと結びつけたがる。
 その背後には、人間は年をとれば食事量がへるように、色気(性欲)もなくなるるという考えがある。
 たしかに枯れ果てて、色気どころか水っ気さえない高齢者は少なくない。
 だが上記何人かの著名人の例にみるように、そういう人ばかりではないのだ。

 よく知られている大岡越前守の母の話(不貞を働いた男女の裁きの参考に、越前守は自分の母親に「女の性欲は何歳くらいまであるのか」と問うと、母は黙って火鉢のなかの灰を火箸でかきまわした、それを見て越前守は「そうか、死ぬまでか・・・」と悟ったというエピソード)にもあるように、人間の性欲は死ぬまである。・・・らしい(わしはまだ死んでいない)。

 マイヘルス社という、中高年向けの健康情報を扱う出版社がある。
 この出版社が数年まえ、高齢者の性に特化した専門誌を創刊したところ、5万部を発行するヒット誌になった。
 この専門誌を出すきっかけになったのは、健康情報誌のおもに男性読者から、性的な悩みや相談が多数寄せられるようになったことだった。
 老人のセックスなんていやらしい、はしたない、不潔・・・といった世の風潮に抑え込まれていた自分自身を、時代の流れのなかで少しずつ主張しようとしているように見える。

 ともあれこういう現実を無視して、あるいはことさら見ないようにしてやり過ごそうとする、性に対する日本人の姿勢や社会の雰囲気が、人間の本性を抑圧してストレスをつくり、ひいては健康のジャマをする。結果、医療費や福祉費を増大させて国の財政を圧迫する。・・・
 
 次回は、著名人ではなくわしら一般人の高齢者の性の悩みを見てみようと思う。

 (当記事は立川昭二著『人生の不思議』を参考にしました)

        お知らせ
当ブログはこれまで週3回の更新を原則にしておりましたが、最近老骨がギシギシ言い出しており、折れてバラバラになって海へ散骨・・・てなことになると元も子もありませんので、今後は週2回の更新(月曜と金曜)を原則に致したいと思います。ご理解いただければ幸せです。

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てるよ

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

Follow me!

残り香にゆすぶられて -高齢者の性- (1)” に対して 2 件のコメントがあります

  1. むらさき より:

    性欲が死ぬまであるのは、男性の方だと思うんです。
    女性は、母性ホルモンが優位になると性欲は少なくなると思います。
    だから妊娠中や、子育て中(特に授乳中)は性欲より母性の方が強いんだと思います。
    よって、夫の要求に嫌気がさす妻があり、結果夫の浮気⇒大問題!
    そして、閉経を過ぎて10年くらいすると、女性ホルモンがめっきり少なくなり、またまた性欲は失われるみたい。
    つまり、女性の性欲は男性が思うほど強くはないんじゃないかしら・・・?
    子供を産みたいと思う時=女性の性欲のピークではないかと、思うんです。
    これには何の根拠もありません。自分の経験上考えることです。

    1. Hanboke-jiji より:

      今回、この「高齢者の性」(連載4回)を取り上げるにあたり、
      けっこういろいろな本を読んでみました。
      わしはもちろん男性なので、女性に関するものはすべてそういう
      他のひとの書いた資料に依っています。
      自分自身の経験がないので、なんとなく歯がゆい感じでした。
      貴重な女性自身によるコメントはとてもありがたいです。
      なお、男性に関するものは第2回で、女性については第3回で
      触れています。最終回はわしの思うところを書く予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です