老いぼれボッカ(下)

電車の網棚の上のリュック

 必要があってこの年(81歳)でボッカ(荷物運び人)を仰せつかり、一念発起して体をきたえ、なんとか役割を果たして、「備えあれば患いなし」とハナ高々だった・・・という話を前回に書いた。

 ところがその後、思いもしなかったことが起きた。
 それがきょう書くところなので、申し訳ないけど前回の記事を読んでおいてチョーダイ。でないと(きょう書くことが)何のことか分かりまセ~ン。(前回の記事はこちらから)

 じっさい、そんな事態が発生するとは思いもしなかった。
 ある朝起きたら、左腕がかなりひどく痛む。
 とくに二の腕部分。水平位置より上へはほとんどあがらない。後ろ(背側)に回すこともできない。左手で髪ブラシを使うのもむずかしい。ベッドから起き上がるとき左腕で支えることができない。ズボンを穿くとき、きちんと腰まで引き上げられない。風呂でタオルの端を両手につかんで背中を洗うことができない。・・・エトセトラエトセトラ、日常生活を送るうえで支障をきたす場面がかなり多い。

 しかし、ちょっと考えてみると原因はすぐ分かった。

 「過ぎたるは及ばざるが如し」という格言がある。
 およそ人生のあらゆる場面に当てはまる金言だろう。これまでなんど目や耳にしたかしれない。

 前回、わしは事務椅子を頭のうえに持ち上げることを毎日くり返して、ひ弱だった腕を鍛え、結果ボッカの務めを果たしえた・・・という経過をやや自慢げに書いた。

 ところが1年もすると、鍛錬に使用するのに、事務椅子では物足りなさを感じるようになったのである。そこで最初のうちは回数を増やしたりしていたのだが、やはり物足りさはぬぐえない。
 本物のバーベルだと、バーの両端に取りつける円盤状の重りを増減して、重量を調節する。
 そこでとつぜん思い出した。30代のころに鉄アレイ(ダンベル)を買ったことがあることを。処分した覚えがないから、今でもどこかにあるはずだ・・・と。落とし穴だった。

 わしは納戸の奥をごそごそ掻きまわして、何十年も顔を見ることもなかった鉄アレイを引っぱりだしてきた。そしてそれを椅子の下部にビニールひもで結わえ付けた。
 鉄アレイにしてみれば、寝てたのにとつぜんお役目を言いつけられて面食らったかもしれないが、おかげでわがバーベルは新たに数キロを加えた。正直なもので、わが腕の筋力もそのぶん増強した。少なくともわしはそう感じた。

 その辺りでやめておけばよかったのである。賢明なら人間ならそうしただろう。
 だが愚かなわしは欲を出した。老いても刺激を与えてやれば、体はそれに正直に応えてくれる。そのことが妙に面白かった。で、軽々と調子にのった。

 わしは椅子にさらなる重りを加えた。それも1度ならず2度も。のみならず、重いモノを持ち上げるには不自然な姿勢をあえてとって、椅子バーベルをさまざまな形に振り回したのである。そうすることによって、ふだんは使わない筋肉にシゲキを与えてやるのだと。

 バカもほどほどにしろ! と今なら言える。年を考えろ年を! と。
 しかしそのときわしは、けっこう本気だったのだからバカは本物だ。
 ・・・ったく何年人間やってるのだ! とわしはわしに言いたい。

 ともあれこうした愚行の結果、冒頭に書いたように、ある朝起きたら左腕がストライキをはじめたのである。
 じつは最初はそれほど深刻に考えなかった。しばらく “鍛錬” をやめて腕を休ませてやれば、元にもどると思っていた。ところがなかなか治らない。一時期は痛みがやや進んだりもしてあわてた。

 ネットで調べてみると、症状がどうも「線維筋痛症」というのに似ている。それだと治るまでかなりの時間がかかるらしい。もちろん素人判断で確かなことは分からないのだが。

 わしは医者嫌いだ。で、医者に診せるほどのこともなかろうと思って放っておいた。もちろんその間、女房には申し訳なかったがボッカの仕事は休んだ。荷物を小分けにして運んでもらった。

 ようやく痛みがとれてきたのは、10ヵ月ほど経ってからである。
 ある日ふと気づくと、腕の痛みがほんの少しやわらいでいる気がした。
 意識して観察していると、それからはまさに薄紙を剥ぐように、1日1日痛みがとれていくのが分かった。

 こうしてさらに3ヵ月ほどすると、腕は完全に元にもどった。
 わしは神だか何だか知らないけど、目に見えない大いなる存在に感謝した。よくぞ元に戻してくれたと。一時期は、もう死ぬまでこのままになるのでは・・・と不安になったときもあったからねぇ。

 
 わしは女房にボッカの再開が可能だと申し出た。
 腕の痛みが完全に消えたので、なんとなく嬉しくて、腕もむずむずしているように感じたのである。
 まさに「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ってやつの見本。

 そしてボッカ再開第1日めであった。
 ある区間の電車が混んでいた。わしは以前していたように背中のリュックを肩から下ろして、網棚へ上げた。
 いや上げようとした。ところが妙に腕に力が入らない。リュックが網棚まで上がらずにモタモタした。と、横から手が出てきてひょいと上げてくれた。30代半ばくらいのスーツ姿の女性だった。

 わしは丁重に礼を言ったものの、腹の中は丁重でも平静でもなかった。
 なにやら不満なモノが波立っていた。
 以前は・・・つまり左腕が痛むまでは、これくらいの重さのリュックは問題なく網棚へ上げていたではないか。腕の痛みは完全に消えたのに、なぜだ? なぜ女性の助けがなければ持ち上げられないのか?

 もちろんすぐ気づいた。
 以前できたのは、当時 “椅子持ち上げ” を日課にして日々腕をきたえていたからだ。それを1年以上もやらないでいたのだから、腕の筋力が落ちるのは唐辛子も納得する当然ごとだ。
 
 わしは今、”椅子持ち上げトレーニング” を再開しようかどうか迷っている。
 周辺に若いモンがいないわが老夫婦にとっては、生活するうえでわしの腕の筋力保持は、これからもやはり重要である。いや必要欠くべからざる・・・と言っていいかもしれない。

 ただ、それでまた腕や、他のどこかの筋肉にストライキを打たれても困る。

 だが、今回は前例がある。それでまた同じ失敗をくり返すようでは、「半ボケ」ではなくもはや「完ボケ」だ。サッサと死んだ方がいい。
 経験に学んで慎重にやろう。

 まさに「あつものに懲りてなますを吹く」ということわざの見本でアリマス。

        お知らせ
当ブログは週2回の更新(月曜と金曜)を原則にしております。いつなんどきすってんコロリンと転んで、あの世へ引っ越しすることになるかもわかりませんけど、ま、それまではね。

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てるよ

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です