どうでもよい提案

 ススラー

 先日テレビで、「ススラー」という言葉がこの世にあることを知った。

 最初耳にしたとき、「煤(スス)」を払う人? ・・・かと思った。師走の大掃除のときなどに、天井や壁のススを払う人。正月休みで家にいて、借り出されたダンナ・・・とかね。
 ここまで読んだだけで、これを書いてるのは古い人間だと分かるネ。
 
 だがその古い人間も知った。
 いま「ススラー」と言えば、スス払いなどではなく、食事中に音を立てて食べる人のことだ、と。
 なるほど、言い得て妙だ、と古い人間の腑にも落ちた。
 
 この言葉を作り出したのは、おそらく若い女性だろう。
 なぜなら食事のとき音を立てるのを嫌うのは、日本では女性が多いからだ。それも若い女性。
 
 テレビでも、中学生か高校生くらいの女の子が嘆いていた。
 父親と兄が食事のときズルズル、ズズズーと音を立てる。注意しても直らない。あるいは直さない。死ぬほどイヤだ、家出したい・・・と

 ・・・斯くの如しで、「ススラー」を指弾するのは多く女性であって、指弾されるのはその父親であり、夫であり、兄弟である。つまり背中のホコリを払われているのは男である、というケースが多い。
 
 改めてネットのドアをすこし開けて世間を覗いてみて、驚いたネ。
「ススラー」に対する嫌悪感・憎悪感が想像以上に大きいことに・・・。
 彼女らにとって「ススラー」とは、マナーも礼儀もわきまえない無教養人、やや強めにいえば野蛮人、もっと強く言えばほとんど「ゾンビ」的存在であるらしい。
 
 ここまで嫌われるのは、もちろん食事中にたてる音は美しくも心地よくもない、無粋な音だというコトはある。
 だが昨今、来訪者も滞在者も多くなった欧米人の影響もあるのではないか。
 
 よく知られているが、欧米では食事中に音を立てるのは絶対的タブーとして嫌われ、食卓から排斥される。
 この食事マナーだけは、礼儀作法にうるさい上流階級にとどまらず、下層階級にもズズーっと広く行き渡っているらしい。食べものを音をたててススるのは、食事中に派手なゲップや屁を出すのと同じ。
 
 それに対してアジアでは、概して、食事中の音に比較的寛容だと言われる。
 早い話、日本では蕎麦を食べるときは、むしろ音をたてて啜るのが粋とされる。(まもなく「された」と過去形になりそうだが・・・)

 わが国では、食べものの美味しさは味覚だけでなく、視覚や聴覚や触覚など他の感覚器官からの情報も加味して総合的に判断する。
 蕎麦を食べるとき啜るのが推奨されるのも、また和食が盛り付けを大事にするのも、その考えから来ている。
 最近のフランス料理が、ヌーベル・キュイジーヌといって盛り付けを重視するようになったのは、この和食の考えから学んだといわれる。食べることにうるさいフランス人だからこそ・・・と。
 
 いうまでもないが食事は、人間が生きる上での基本中の基本である。
 つまり食事や食事にかかわるコトはすべて、人間の根幹的文化だ。
 それぞれの人種・民族等が生きる土地・風土のなかで、長い時間をかけて練りあげ築きあげてきたものである。
 食事中の音にアジアでは比較的寛容なのも、それなりの歴史や風土の上に立っているにちがいない。

 日本人はえてして欧米の諸事を上に見る傾向がある。
 だが、こと文化に関しては・・・とりわけ食文化については、ストレートにマネをするのはどうかと思う。
 それぞれの民族・地域・社会に固有なものを無視してコピーすると、大切なものが抜け落ちる可能性がある。
 
 話は変わるが、昨今の日本語では、「○○ラー」のように、ある言葉のあとに「ラー」を付けて○○の真似をするひと、○○風の格好を追う人のことを言うようだ。
 1990年代の「アムラー」「シャネラー」あたりから始まって、今では「○○をする人」までを含める言葉になっているらしい。

 本記事のテーマに取り上げた「ススラー」もその系譜上の言い回しだが、この言葉づかいは応用しやすいので、用例はどんどん広がっているようだ。
 たとえば、「ススラー」の弟分で食事中くちゃくちゃ音を立てる人のことを「クチャラー」、マヨネーズが好きで何にでもマヨネーズをかけて食べる人を「マヨラー」、自分たちのことを「うちら」と呼ぶ女子高生を「ウチラー」、ヘタなダジャレを連発するおじさんを「ダジャラー」、何かというとすぐ野村克也監督のことばを引用する中年男を「ノムラー」・・・といったぐあい。
 
 たしかに便利だ。
 わしら老人に即していえば、年をとって肛門の括約筋が弱り、放屁回数がふえた老人は「オナラー」、尿道口の括約筋が弱ってちょくちょく失禁する人は「モレラー」、口を開ければ愚痴をこぼす人を「グチラー」、わしのように加齢によって脳内が薄くなった老人たちは「ボケラー」・・・と言えば、グダグダ説明しなくても一語ですむ。
 
 最後にそのボケラーからの提案を一つ。
 食事中に無粋な音をたてる人のことを「ススラー」というと書いたが、これは「ススラー」より「ズズラー」にしたほうがいいのではないか。
 濁音にすることで汚らしく聞こえて、食事マナー違反者への警告としてはより効くように思うのだが・・・。
 
 ついでにわしのように、しょっちゅうどうでもいいことを書いている人間は、「どうでもヨカラー」。
 

ポチッとしてもらえると、張り合いが出て、老骨にムチ打てるます

にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
(にほんブログ村)

        お知らせ
当ブログは週2回の更新(月曜と金曜)を原則にしております。いつなんどきすってんコロリンと転んで、あの世へ引っ越しすることになるかもわかりませんけど、ま、それまではね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です